鹿深獣医科病院へようこそ!

ねこのFUS(泌尿器症候群やおしっこに関する悩み)は手術をせずに治しましょう!

また、犬の椎間板ヘルニアによる後肢栓麻痺も手術をせずに安定化を図りましょう!

 

動物の本来の治癒力や、本来の特性を考え、できる限り手術に頼ることではなく、動物に寄り添いながら治療していくことを考えております。

鹿深獣医科病院では、飼い主様の立場にたって、丁寧な診療とわかりやすい説明を心がけています。

小さなことでも、気になることはまずご相談いただきますようよろしくお願いいたします。

ごあいさつ

鹿深獣医科病院について


アクセス